Subscribe via RSS Feed

Archive for 5月 9th, 2009

ダイエーの鮮度パトロール

今日買い物でダイエーまで行きました。 そこで目にしたのは生鮮食品をまじまじと見ている店員さんの姿でした。 その店員さんの傍らには彼女が持ってきたワゴンがありました。 それには張り紙がしてあり、「鮮度パトロール」と書いてありました。 昨今食料にまつわる不信感が増すような問題が次から次へと発覚してきていますが、スーパーでは「賞味期限切れの商品がないか」とか「何らかの問題で傷んでいるものはないか」というようなことをチェックしているところだったのだろうと思います。 そこで僕が気になったのはカートの方でした。 「鮮度パトロール」という文字がでかでかとカートにくっついているのです。 これは明らかに買い物客に対してアピールするために用意されたものだと思います。 鮮度パトロールはスーパーの仕事としてやらなければならないものだと思います。 でも、ただ鮮度をチェックするだけではなく、「我がスーパーはちゃんと鮮度をチェックしているんですよ」ということを買い物客の目に見えるようにアピールすれば、それは少なからず買い物客にはいい印象を与えることになるでしょう。 スーパーとしての仕事をしつつ、買い物客によい印象を与えることに貢献する。一粒で二度おいしいって感じでしょうか。 これも一つの広告だなあと思いながら店員さんをしばし眺めていました。